お産について

当院で行っている主な分娩方法です。ご希望・ご相談などお気軽にお尋ねください。


■自然分娩

通常の自然経過分娩です。分娩は安全第一でなくてはなりません。妊婦さんが安心して当院に通院され、心から「産んで良かった!」と満足できるお産をしていただきたいと思っています。

■帝王切開

経膣分娩が困難な場合、帝王切開分娩が可能です。10ヶ月でも骨盤位(逆子)の場合や、40歳以上の高年初産の方などには、あらかじめ計画した帝王切開分娩をお勧めすることがあります。

■立ち会い出産

ご主人やお母様に立ち会っていただくことが可能です(原則1名までです)。さらにご家族の宿泊をご希望の場合、お申し出下さい。(空室状況によります)

またお産に立ち会うのはちょっと、という方には、分娩室に入るまで陣痛室で付き添っていただき、お産までの間はラウンジでお待ちいただくことも可能です。

■立ち会い出産

①和痛分娩 

分娩経過中に、もうあと少しでお産ができるところで、ギブアップされる方もいらっしゃいます。そのような時、少しだけ痛みを和らげ、気持ちを落ち着かせてくれる注射です。陣痛が辛いときはお使いいただけるようにしてあります。 お申し出ください。和痛分娩が、うまくフィットすると痛みが少なくなり、またリラックスできるので有効です。ただし若干分娩時間は延長傾向にあるようです

 

②硬膜外麻酔下(無痛)分娩

お産の痛みに対し、すごく恐怖感を感じている方、一方で経産婦でも前回のお産がすごくつらかった記憶のある方などに有効です。硬膜外麻酔下分娩がうまくフィットするとかなりの割合で痛みが軽減できます。ただし当院で行っている方法は、基本的に完全計画分娩をベースにして、前処置を1~2日間かけて行い、2日目~3日目に出産となります。 また和痛分娩の注射を併用も致します。
条件により、対応できない患者様もおられます。詳細は外来で医師よりお聞きになってください。

(☆ただし痛みは、個人によって異なるため、「効かなかった=痛みが取れなかった」と感じられる方もおられます。 以上ご了解のうえ、ご希望の方はスタッフまでお申し出てください。)

 

【体制について】

安全のために当院は医師4 人。常勤助産師3 人+非常勤数名の体制を維持しており、緊急時の帝王切開分娩手術も可能なシステムをとっております。また、術後の血栓予防対策も行います。夜間でも最低医師1名看護スタッフ2名が常駐しております。気になることがございましたら、 お気軽にご相談下さい。ただし外来に関する件は外来業務時間中にお尋ねください。